2009年06月30日

犬の十戒

犬の十戒

長きにわたって、わんことの付き合いはあるものの…

恥ずかしながら、獅子(レオ)を飼う少し前に知りました。

何度読んでも、涙が出てしまうのですよ…こまったことに…。

ロボや ラッキーや タイガーや セディーの ことを

思い出してしまうからですかね。

交通事故や 転勤中や 仕事中や で 彼らの死に目に会えなかった…

そばにいてあげれなかった…。

母親曰く、ラッキーは (彼はガンでした。)

動けないはずの体で必死に私の部屋(2階)へ 行き

私のベッドで横たわっていたらしいです。

私は仕事中で…帰った時には 彼は旅立っていました。

lucky.jpg

獅子(レオ)のその時は…、私か嫁が、一緒にいてあげたいですね。

って、まだ、生まれたばかりのレオくん ごめんね。
IMG_0634のコピー.jpg



ランキングに参加中です。"ポチッと"クリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村
posted by key&tomo&leo at 19:44| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 父ちゃんの独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
別れって本当に辛いですよね。
死に目に会えなかったのは心残りですね。
でも旅立ったワンちゃん達は父ちゃんと一緒に散歩に行ったり、遊んだりした楽しい思い出を連れて旅立ったと思います。

レオちゃんもこれからいっぱいいっぱい楽しい思い出作ってあげて下さいね♪
楽しい思い出はレオちゃんにとってはもちろんだけど、父ちゃんや母ちゃんの心のサプリになることでしょう。



Posted by カリ丘カリ子 at 2009年07月01日 22:52
ありがとうございます。

そう言っていただけると、少し楽になります。

ただ、人でも犬でも"命"が…家族が増えるってことは

色々な覚悟が必要って事ですよね。

今までの子達(犬)に対して心残りってわけではなく、

あの詩を読んでの涙は、たぶん、新しい命を授かった

事に対しての責任の涙なのかもしれません。
Posted by レオ父 at 2009年07月01日 23:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。